FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴジラFINAL WARS」を観た。 

 ヤフーの映画版では評判悪いんだ、これ。しかし友人のすーぱーは『おもしろい』と言っていた。そりゃもちろんすーぱーを信じるさ。
 近年のゴジラ映画で、私が唯一評価しているのは金子修介監督の「GMK」である。ゴジラに日本を攻撃させる明確な動機付けをし、対抗する怪獣にも、それに見合った行動の理由付けがなされた点で、エポックな作品だったと思う。これは初代ゴジラのテーマを、当世流にアレンジしたのであり、まっとうなゴジラ映画といえる。また、金子流の戦闘の演出は、非常に迫力があったように思う。
 しかし正直私には、最近目立つ、この「隙の無さ」にも少々辟易していたのだ。もっと言うなら、平成ガメラ2の伊藤和典の脚本によって、頂点を極めた感のあるリアル路線に行き詰まりを感じていたのだ。結局のところ、同じ土俵の上で戦っては、このレベルに至らない作品は見劣りする宿命といえる。そうなると、もうわけの判らないエヴァンゲリオンな衒学的アプローチで騙すしかなくなってくる。ガメラ3は、自分達の製作したガメラ2を超えられないが故、ムー的な話になってしまった。それはそれでいいのだが、はっきり言ってファン層は狭い。
 そこで、このゴジラファイナルウォーズだ。閉塞感のあるゴジラシリーズを、最後の最後になんと(よりによって?)北村龍平に預けた東宝の英断に拍手を送りたい。その結果は、まさしく今までに無いゴジラが出現したと言える。
 北村監督のゴジラは単純明快。バトルを見せる事。それは人物のドラマパートにおいても同一で、徹底されている。うーん、久しぶりに北村監督の傑作かもしれないぞ、これ。素手で怪獣を倒しちゃったり、『ガイガーン!』って起動したり…Gガンダムですな。荒唐無稽で、そりゃ粗だらけだが、そんなの、今までのゴジラシリーズの方がよっぽど気になってたよ。あー、マニアの為のゴジラなんてもう見たくないんだ、俺は。『ゴジラが素早く動きすぎる』ぅ?『怪獣プロレスをまたやった』ぁ?おいおい、今までのゴジラの何本がこの映画のパワーを越えていたのさ。
 「ゴジラの最大のライバルが出てこねーじゃねーか」と、思っていたら、最後にアレがああなるシーンを持ってきやがった。鳥肌ものだったよ。俺に言わせりゃ今までのゴジラの多くが(特に平成)、見せかけだけの子供だましだったさ。
 ミニラと子供が、それぞれの大人達に向かって争いを諌めるシーンは、はっきり行って名シーンだぞ。

ゴジラはまだ伝統を語るには早すぎる。

 あと50年たったら考えてくれ。今はまだチャレンジャーだ。語っていいのは
水野真紀の太ももだけだ。 (監督、素晴らしいっす!)

   脚本 三村渉
   出演 松岡昌宏 菊川怜 宝田明 ケイン・コスギ
   北村一輝(サイコー!) ドン・フライ 水野久美

スポンサーサイト

「ゆれる」を観た。(一部「蛇イチゴ」。) 

 「ゆれる」のは、話の中身だけではない。観ているこちらも揺らされ続け、私は評価まで揺れている。とんでもないトリック映画である。
 オダギリジョー真木よう子がいたすころ、兄の香川照之はガソリンノズルを突っ込むという、ベタなギャグまで用意されたこの映画。一回目の視聴は、正直ラスト20分の"アレ "にテーブルをひっくり返そうかと思った。謎を謎にするために、ここまで謀ったかー!と、そのあくどさに、である。それまで、胃がキリキリするような心理劇に感動していたのだから仕方あるまい。そして唐突に終わるラスト。これは狙って作った引っ掛け問題だろー!
 …と、憤慨していたのである。一回目は。しかし幾つかの疑問に、どうしてもまた視聴せざるを得なくなった。
 兄はそもそも二人がデキたことに気がついていたはずなのだ。そうすると、物語としては"兄が殺めた説 "でないと矛盾する。しかも、『彼女は悲鳴を上げて谷底に落ちた』のである。あの場所が、こちらからの声は聞こえないのに、橋の上の声はよく通る場所なのは証明されている。あくまで画面の通りに受け止めて、だが。
 そして、また私の気持ちは揺れ始める。あの橋は多くのメタファーだ。"こちら "と"あちら "を繋ぎ、絶えず不安定に揺れている。そしてこの事こそが、監督の狙ったことなのではないか?
 西川美和の作品は、前作「蛇イチゴ」にも感動した。やはり心理ドラマで、正邪が入れ替わる様は「ゆれる」を髣髴させる。ラストに驚愕したのも同じで、ちょっと語らせてもらうと、"部屋に蛇イチゴが置かれていた"のである。分からないだろうが付き合って欲しい。警察に追われた兄(宮迫博之)は、わずかな時間で追跡を潜り抜け、妹(つみきみほ)に誠実さの証として蛇イチゴを持ってくるのだ。しかし!その蛇イチゴ、どう見たって百均で売っているようなまがい物なのだ。しかししかし!であるにもかかわらず、その上をまるで本物のようにアリが這いまわっているのだ。じゃあどっちなの!? と言うのは愚問だ。「既に兄は行方をくらましている」のだから…。(そうなると、もはや兄が置いていったかさえあやふやだ。)
 本当に、強烈な作品だった。しかも本格作品第一作だ。そして、この第二作である。才能の格の差を感じるのは私だけじゃないだろう。
 宮本輝の小説に、「焚火の終わり」という傑作がある。まさに揺らせる事が目的のような小説で、時間軸まで組み込んだ人物相関図まで作って読み込んだものの、結局真実は分からなかった。しかし、巧みな筆致に、そんな事はどうでも良いと感じてしまう。真実が判明するのが目的ではないのだ。事象の躍動感こそがテーマなのだ。その時の興奮を、まさにこの映画は再現してくれた。
 ただ一つ、木村祐一の起用だけはいただけない。完全に浮いている。演出としても、法廷劇には逆効果なのではないか。前作の宮迫の演技が素晴らしかっただけに、お笑い芸人も色々だと思う。

   脚本 西川美和
   出演 伊武雅刀
      蟹江敬三

「フラガール」を観た。 

 親友の徳永えりの東北弁は気にならないのに、主役の蒼井優の東北弁には、都会の人間が馬鹿にして真似してる感がぬぐいきれず、最後まで違和感がありまくり。蒼井の天才的身体能力はこの映画でも遺憾なく発揮されているものの、東北弁の微妙なニュアンスはもう少し練習させるべきだったかも。しかし、豊川悦司富司純子はもっとおざなりだったので気がしぼむ。あんたら何年この商売やってんだ。都会から来たという設定の、
自身は佐賀県出身の松雪泰子が、一瞬喋る東北弁の方がネイティブに聞こえるなんてどうなのよ。
 そして、この映画にはどうしてもどっかで見た感が(要するにパクリ感が)付きまとう。大体話からして「フル・モンティ」だし。私は洋画にやや疎いので知らないが、「リトルガール」っていうのにもそっくりらしい。小ネタにはどう見ても「シャル・ウィ・ダンス」の机の下でステップ、「シムソンズ」の『ウィー・アー・シムソンズゥ!』の借用等、"お約束シーンを使うことで視聴者に分かってもらって、説明を省略するところ "も見受けられる。なにより、始めはいやいやだったコーチの人物像が「がんばっていきまっしょい」にかぶってしまって。『私もあんたたちと踊りたい』…って、まんまじゃん。
 いや、丁寧に描写してくれていれば、きっとオマージュとか、リスペクトとか感じられたと思うんだ。でも、エピソードは一つ一つが語られるだけで、ちっとも深く語られない。問題発生→対処→解決→次の問題発生…の繰り返し。大体、ウリの"廃坑の危機に女達が立ち上がった!"って、いつそんな事が語られたのよ。岸部一徳がそれを熱く語ったのみだ。静ちゃんの父親(志賀勝)が死ぬのも唐突で、確かに炭鉱の死というのは唐突だろうが、"ハイ、泣いてくださいねー"といわれているようでしらけてしまう。ここでもキャラクターをそれまでにちょっとでも掘り下げていれば、父との絆に、こちらが泣く事も出来ようものを。
 ようするに脚本はエピソードを有機的につなげるまでに至らず、つまり練りこまれておらず、監督には「69sixty nine」でも感じた編集力の無さをまたしても見せられてしまった、というのが感想だ。ヤフーの映画版で気持ちの悪いくらい肯定書き込みをしたり、話題作りに、呼ばれても無い米国アカデミーノミネートを騙ったりと、その行為にも嫌悪する。それから、「ゆれる」「ピーナッツ」を観た時にも思ったが、お笑い芸人を安易に使うのは止めていただきたい。力量不足がはなはだしい。
 幾らなんでも、これが独占するとは、日本アカデミーも末期である。

   監督・脚本 季相日

オキメグ引退。(今頃…) 

 奥菜恵が引退…!
 びっくり。
 まあ、その後の報道で、誤報のようだと判って一安心したのですが。

 奥菜は、はっきり言ってもったいない役者だ。
 初めての出逢いは岩井俊二の打ち上げ花火。可憐、ちゅーか、したたかなバイタリティーと、はかなさを両立した稀有な役者だった。
 次はTVドラマ版ふたり。姉役の一色紗英もライバル役の小嶺麗奈もぶっとばして存在感を見せつけ、最近では舞台で大活躍。新☆感☆線や大人計画で古田新太やら松尾スズキやらに揉まれ、着実にスケールアップしてきた感がある。
 本人、一部報道で『役者としての引き出しが無くなった。』などと言っていたとか。うーん、そうは思えんが…。まあ、自分の持っている以上の事はできないのだから、人生経験を積んで、今後の役作りに生かそう、という意味での休養なのだろうと考えるが。ホント、もったいないから引退しないでね。(でも歌はもっとレッスンした方が良いかも。)
 まあ、実は私、"天敵"の吉野紗香の方が好き なんですが。

羽田健太郎氏を悼む。 

 私にとっての羽田さんとの出逢いは、彼が始めて手がけたアニメサントラ「宝島」だった(本当は知らず聴いていた渡辺真知子の「迷い道」なのだが)。壮大なイメージのブラスで始まる、あのOPを初めて見たときの高揚感!
 "さあいこう 夢に見た島へと "…!
 アニメ本編も、出崎・杉野コンビが最もノっていた時期の渾身作だったから、もう面白い面白い。なんといってもジョン・シルバー!!
 …不敵でしたたかで、義理堅いのにあっさり裏切って、カッコ悪くてサイコーにカッコイイ!!
 原作の設定を、大きく変更していますが、このキャラがいたからこそ、「宝島」は単なる子供向けアニメの枠を超えて傑作になったと思うのです。
 もちろん、羽田さんの作曲したサントラ持ってます。彼の楽曲は、間違いなく物語をスケールアップしていました。
 そののちも、彼の音楽に心を震わされたことが何度もありました。「マクロス」、「ウィザードリィ」、多くの歌謡曲、童謡。「復活の日」などの映画音楽…。音大を主席で出たその確かなテクニックと、比類なき守備範囲の広さには、まさに圧倒されます。
 いまだにショックが癒えません。ただ彼の曲を聴いて、早すぎる死を悼んでおります。乾裕樹さんといい、何で…。

ジョゼ追記。 

 この話は、へタレで性欲が先行して、つまりはどこにでもいる男子大学生と、時に鬱陶しいほどの一途さを持つ少女との恋物語。

 坂道でのビンタの応酬。あの時ジョゼが退かなかったのは『あんたの武器がうらやましい』といった言葉に対して。
 うらやましい?うらやましいのはこっちや。あんたウチのリフォームの時に来てたやろ。恒夫の隣に立って仲良うにして。今までフツーに生活して、恋人と好きなとこ行けるあんたが『うらやましい』?こんな奴に恒夫は絶対わたさへん!
 ジョゼはイザとなったら自らの足を切る女である。

 「なんでや。何で魚おらへんねや。」海の底にいたジョゼには、今この時しかない。一週間前から計画し、ゆで卵をぎょうさん用意する。旅行なんて、もう一生できんかもしれない。今日しかないねん。何で魚おらへんの!魚!
 ジョゼは背中にかかる体重のようには軽くない女である。

 「海へ行け。ウチは海が見たい。」あの言葉にはジョゼの優しさが詰まっている。
 もう二人の時間が終わりを告げようとするのを、二人とも感じていた。そのことで責任感や罪悪感にさいなまれている恒夫に、逃げ道を教えた。
 ジョゼはそういう女である。

 恋は終わりを告げる。ジョゼが深海に戻ることは無かったが、波間の貝のようにきらめいた思い出は、砂に埋もれ眠りにつくことだろう。男と、女の。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。