FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビミョーな作品2007! 

 悪い映画じゃない。割と面白い。でもベストには入れられない。
 良いとは言えない。かなり退屈。でもワーストでもない。
 そんなビミョーな映画。はて、話題作が多いのはなぜ?
 #は、けろろぐの過去ログで批評した作品です。

   ハチミツとクローバー

   アルゼンチンババア

   狼少女 #

   SLIM SIZE ME!! スリムサイズミー
→じんのひろあき監督。なんかいい。ぽっちゃり好きは特に観るべし。

   時をかける少女 #

   アキハバラ@DEEP

   虹色ロケット
→金を取っている以上、アマチュアだからって、これが許されると勘違いしているなら大間違い。トホホに入れなかっただけでも感謝してもらいたい。

   張り込み

   TAMPEN 短篇
→『面白い』とメモっている割に、内容をさっぱり覚えていないんです。

   武士の一分
→三部作の中で一番つまらない。でも悪くない。そういうレベル。
 
   深津絵里のブラコメ
→特に面白くはないのに、ふかっちゃんの歌う『変変変、へ~んヘンなのかしら~♪』というフレーズが悪魔のように耳についてはなれません。

   悪夢探偵
 
   さくらん #

   バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 #

   エクステ
→栗山千明×大杉漣×つぐみ!!(さらに園子温…)

   奇談
→小松隆志監督。原作にかなり忠実なのに、なんか違和感。

   濡れた赫い糸

   松ケ根乱射事件
→かなり笑える。

   黄色い涙
→嵐の面々がかなりがんばっている。それにしても、やはり鍵は二宮君なんだなあ。

   太陽
→かなり興味ぶかく観てしまった。それと同時に、胃の辺りがキリキリとした感じに。やはり俺も天皇に関しては冷静で入られないのだと実感した。大体これはどこまでが史実なのだ?其処の所がはっきりしないと、こちらも居心地が悪いぞ。映画としてはかなりセンセーショナルなのに、評価できないという自分のふがいなさ。対してイッセー尾形、桃井かおりの素晴らしさ。露助のばかやろう。良い映画作りやがって。

 「わくわく」に入れた作品、「やわらかな生活」の監督は、「恋する日曜日」という映画を二本撮っているんですねえ。のきおの好評なのは多分2006年度版。俺が低評価なのは2007年度版。注意。

スポンサーサイト

ワースト映画賞トホホ2007! 

 今年はトホホ大当たりの年だった。最近はトホホに当たる事が少なくなってきたのに、いったいどういうことか。
 どうも”大作”・”感動作”にトホホが多かったようなのである。勇んで借りたら、とんでもない落とし穴ばかりだった、といった所なのだ。邦画バブルを感じるなあ。
 今年も基本は同じで、
(1)物語に破綻があり、(2)それをカバーするだけのパワーがなく、(3)話題作には厳しく
の、いつもの基準で採点しました。なお、こちらも「けろろぐ」に過去ログがあるものに”#”をつけています。

   1 HAZARD ハザード   監督 園子温
→わははは、二冠だよ(笑)園子温! 『眠い国ニッポン、でも眠れない国ニッポン』…って、俺が眠たくなるわー!!! …ほんと、出来不出来の差が激しい監督です。

   2 真夜中の弥二さん喜多さん   監督 宮藤官九郎
→役者としても、脚本家としても評価できるが監督だけは失敗。

   3 フラガール # 監督 李相日
→世間の評価に断固反発する。せいぜいこんなもんだ。

   4 46億年の恋   監督 三池崇史
→三池監督も世間の評価が高すぎると思う。

   5 エリ・エリ・レマ・サバクタニ   監督 青山真治
→東京FMはラジオ局なのだと再認識。くだらなすぎ。

   6 龍が如く   監督 三池崇史
→また三池だよ。この作品はただバイオレンスを映しただけ。

   7 ゲルマニウムの夜   監督 大森立嗣
→監督を替えてもう一回作って欲しい。

   8 エロチック乱歩・人間椅子   監督 佐藤圭作
→乱歩は大抵失敗する。

   9 となりの801ちゃん   監督 寺内康太郎
→オタクネタに安直な演出で挑んで討ち死に。

  10 涙そうそう   監督 土井裕泰
→主演女優と共に消えてください。

 とりあえずワースト10である。しかしこれ以外に、順位はつけにくいが、もう観たくない映画も多い。

   ウルトラマンコスモスvsジャスティス
→なさけない。吹石がこんな映画に出てくれただけでもありがたい。
   手紙 #
→泣かせる為の映画は嫌いなんだ!
   虹の女神 #
→純愛を騙る映画も嫌いなんだ。
   佐賀のがばいばあちゃん #
→家族愛と貧乏を自慢する映画も嫌いなんだ。
   NANA2
→前作に見られた、「映画として何を表現するべきか」という視点がごっそり抜け落ちてしまった。監督、自分に自信を持ってやらにゃアカン。
   パプリカ
→もはや映像オタク。何の感動もない。
   ヅラ刑事
→川崎監督、思いつきで撮らないでください。”刑事まつり”の傑作集、出ないかなあ。
   素敵な夜、ボクにください
→確かに好きだった中原俊監督が、もはやこんな作品を撮るようになってしまったのが情けない。吹石がこんな映画に出てくれただけでも…って仕事選べよフッキー!
   UDON
→うどんめぐり歴15年、過去には月刊かがわを購読していた私が自信を持って言うが、この映画に出てくるエピソードは、タウン誌が倒産するところも含めて、ほぼ90%本当の事である。であるにもかかわらず、胡散臭いだけの上滑りのお笑いに。本広監督、どうしてくれようか。

わくわく映画大賞 2007! 

 今年も約150本の映画を観たが、内訳は邦画・洋画が9:1位の割合である。
 さて、そのうちあまりにも古いものは基本的に除き、残った約120本の中から選んだ去年度のベスト。なお、#のマークが表示されたものは、”けろろぐ”の中で以前批評をしたものなので、そちらもご覧ください。

 1 気球クラブ、その後 # 監督 園子温
→今年はこの映画に出会って本当によかったよ。

 2 キサラギ # 監督 佐藤祐市
→サイコーだったんだけど、↑に比べると、何度か観たら飽きそうな点がマイナスポイントとなった。

 3 ウール100% # 監督 富永まい
→今は亡き偉大なる女優に敬意を込めて。

 4 紀子の食卓   監督 園子温
→一位もそうだが今年は園子温の年だった。これには入っていないが、「エクステ」も割と良い。さらに、実はトホホにも作品が入っているのだ。

 5 蛇イチゴ # 監督 西川美和
→西川美和は天才である。「ゆれる」といい、レベルが高すぎる。

 6 ヨコハマメリー   監督 中村高寛
→都市伝説は高知にもある。昔、とある橋のたもとに毎晩現れる老婆がいたのは事実。その老婆が売春婦だったのかは、今となっては確かめようもない。

 7 ZOO   監督 金田龍・他
→金田龍が相変わらず良い映画を撮っていることが嬉しくってしょうがない。さて、オムニバス映画である。最後を除きおおむね良い。

 8 ゆれる # 監督 西川美和
→真木よう子は「ベロニカは死ぬ事にした」# といい、意欲的にこなしています。顔も身体も全部好き。

 9 あしたの私のつくり方   監督 市川準
→成海璃子がいついじめられるか、ドキドキしっぱなしでした。前田敦子は清水真実・佐津川愛美に続く守ってやりたい系の美少女。

10 るにん   監督 奥田瑛二
→奥田さんは凄い。こんなに監督としての能力があるとは。さらに、本人が役者として出てきたときに、鼻に付かないのが素晴らしい。

 さらに、順位はつけられないが、自信を持って面白かったといえる映画!

   ニューオーリンズ・トライアル
→珍しく洋画。たまたま観ました。
   市川箟物語
→そこはかとないペーソスに、監督(岩井俊二)の非凡さを感じる。
   長い散歩
→凄いよ、奥田。
   ゴジラ FINAL WARS #
→いいんだよ、これで!ごちゃごちゃぬかす奴ぁぶん殴れ!
   渋谷区 円山町
→意外と面白かったので、好き嫌いせずに手にとってみよう。
   夜のピクニック+ピクニックの準備 #
→これは二つとも観たほうが絶対面白い。
   それでもボクはやってない
→面白かった!…ンだけど、なんか予定調和。
   となり町戦争
→主人公二人のイメージがよくない。江口は相変わらずだし、原田もさすがにきつい。でも岩松了がとんでもなくイイ!あれは観てもらいたい。
   神様の言うとおり
→オムニバス。各話に、共通の役者を置き、話に繋がりをもたせたのがよい。
   硫黄島からの手紙
→これを日本人が撮らずに、アメリカ人が撮った事をどう思う?
   天然コケッコー
→田舎。廃校寸前の学校。夏の日差し。下級生のおもり。ああ、なんてワンダフル!
   チルドレン
→坂口憲二が意外と良い役者である事に気がついた。
   ストロベリーショートケイクス
→「三月のライオン」矢崎仁司監督の久々の作品。
   やわらかい生活
→去年度の「ヴァイブレータ」# に続き、お勧め入り。でも、俺は「私。恋した」は入れない。
   幸福のスイッチ
→上野樹里とジュリーの組み合わせはシャレではなくナイス。
   茄子 アンダルシアの夏
→「鉄コン筋クリート」でも「パプリカ」でも「時かけ」# でもなく今更「茄子」。
   寝ずの番
→今まで中井喜一が嫌いだったが、チンコマンコ言っているのを観て大好きに。木村佳乃姉さんはこれが代表作。すごくかわいいよ。
   鍵がない
→のきおも言っているが、つぐみが普通の役をやって、しかも成功させている。
   幸福な食卓
→似たようなタイトルがかぶってるなあ。「ワイルドフラワーズ」「奇談」小松隆志監督。北乃きい×ミスチルのラストで持っていかれます。
   机のなかみ
→宮崎あおい系の鈴木美生(やっぱり幸薄そう)の魅力爆発。監督が素材に惚れこんだのが手に取るように分かります。

   特別賞・吉井怜

 吉井怜が帰って来た。命を削った彼女の演技には、生きることの素晴らしさが満ち溢れている。去年度の「刺青」、今年見た「ラブ・マイ・ライフ」「濡れた赫い糸」…どれも映画としてはイマイチ。でも、吉井だけは光り輝く。おめでとう。そしてありがとう。

「しゃべれどもしゃべれども」を観た。 

 映画にハラハラドキドキを求める人にとっては、この映画は退屈極まりないと思う。特に何かが起きる訳でもなく、最後まで観たって超ハッピーエンドの大団円、という終わり方をしないからだ。だから『感動できませんでした』というレビューはある種まっとうだし、よく分かる。

 しかしこうも思うのだ。「人生に劇的な出来事など、どれほどあろうか?」と。人生のイベントは、幾つかを除いていつの間にか場面転換が起きているではないか。

 主人公・三つ葉(国分太一)の下に話し方修行の生徒が集まった。彼自身、これがおおきな転機になるとはおもっていなかったろう。それぞれが思いを言葉にすることの難しさを感じていて、それを乗り越えようとする。そしてそれを見ていた三つ葉もしゃべることの奥深さに開眼する。

 それはさながら「セロ弾きのゴーシュ」を髣髴とさせる。野鼠やかっこうがやって来て、演奏を頼まれるうちに上達していく若者の物語だ。邪魔だ邪魔だ、と思っていたもの達のおかげで、実は自分が成長していたという話。

 かなり物語としては甘く、盛り上がりに欠けるのではないかとも思ったが、かえってこれくらい外し気味の方がこの物語の空気には合っている気がする。
 また、落語に関してはみながんばっていたと思う。とても付け焼刃には思えなかった。
 そして、香里奈は今まで観た中で最も美しかったよ。

   監督 平山秀幸

「犬神家の一族(2006)」を観た。 

 観たのはだいぶ前なのだが、本日TVロードショーなので、どうしても先に書かなくてはいけなくなった。まあ結論から言えば、「アーッ!観なきゃよかった~ッ!」である。

 何も解説する事はないと思うが、1976年に市川監督が撮った映画のセルフリメイクである。前作には色々と不満もあった監督の下に、リメイクの企画が来たようなのだが、撮り直した結果がこれでは元も子もないというのが正直な感想である。

 大きな不満は三つ。
1)映画として盛り上がりに欠ける事。
2)前作に見られた前衛的な映像美が影を潜めた事。
3)新しいキャストに違和感を感じる事。

 1)脚本をほぼそのまま使ったようだが、前作に感じた判りにくさはそのままなのに、より淡々と物語が進んで行ったような気がする。できれば大きく手直しをして、娯楽作としての追求をしてもらいたかった。
 2)セット撮影が多かった気がする。犬神家内を除き、その多くがちゃちなセットで、一目でセットと判るつくり。後述の役者の出演料に金を取られでもしたのだろうか?
 さらに、屋根から見下ろしたり、細かいカットを繋いだりの、前作のような革新的な映像表現を自ら止めてしまっている。セットの多用も含め、これはもう日本には犬神家を撮れるいいロケ地がない、という事だろうか。金田一が外を走ったり、歩いたりするシーンに、以前のような”空気感”が感じられないのだ。
 3)前作から持ち越しの役者、新しい役者の多くに不満はないが、どうしても深田恭子松嶋奈々子が受け入れられない。深田は前作を忘れればまだいいとしても、タッパのありすぎる松嶋は明らかに配役のミスと思われる。
 松嶋が悪い役者なんて思わない。自信を顔に表した、凛とした女性をやらせたら一級だ。しかし、この役は風に倒れる花のような役ではないか。抱きかかえられる時、『どっこいしょ』と言われかねないイメージではない。

 映画界もいよいよネタが尽きてきたのか、リメイクが横行し始めた。ある程度の興収が見込めるためにこれからも増えそうだが、前作を超えられない物を作るくらいなら、もっと若手の才能の発掘に金を懸けてやるべきだ。

「ちりとてちん」がすごすぎる。 

 久々に熱狂して観ているんですけど。NHK朝ドラ。いや、「ちりとてちん」、史上最高の傑作です。確定。

 16日の演出、師匠が死ぬところ。
 病室では『いったらあかん!』と手を握られている師匠(渡瀬恒彦)が、熊五郎の店から酒を拝借し(!)、喜代美(貫地谷しほり)のところにひょっこり現れて消える。講座に上がろうとして、ふと振り返る喜代美。師匠の内掛けだけがある。姿見に映る喜代美の目に涙…。
 無駄なセリフはナシ。まったく脱帽、凄すぎる。

 しかしですねえ、このドラマはなんと言っても脚本(藤本有紀)ですよ。もう、その脚本の緻密さときたら神業です。ありとあらゆるところに大きな伏線、小さな伏線が張り巡らされています。落語の造詣も深く、登場人物のモデルや、落語のネタに合わせたエピソードなど、半端な練りこみは毛ほどもありません。16日の話をすれば、師匠はその後「夢でも現でもない」世界に行き、、自分が掛けていた落語そのまんまの人物や、死んだ喜代美の祖父にいざなわれ、光り輝く講座に向かいます。それは、今までちょっと観た事の無い”死のシーン”でした。
 藤本さんは、新人脚本家ではないんですが…今までなんで気付かなかったんだろう。「ふたりっ子」で大石静さんを知ったときよりも衝撃的です。

 個人的に好きだった「てるてる家族」「芋たこなんきん」、多くの人に支持された「私の青空」「ちゅらさん」、歴史に残る「おしん」「ふたりっ子」…。確実に凌駕しています。当初低調だった視聴率も、ここにきて評判の高さからか急上昇中。このまま世間的にも名作となってほしいところです。

まだ確定はしていないが 

 やらせっぽい日本アカデミーが終わったので、こちらも前年度のベスト&トホホの候補くらいを書き込もうと思う。

   ベスト候補

蛇イチゴ  ゆれる  るにん ゴジラ・ファイナルウォーズ  ニューオーリンズ・トライアル  ウール100%  気球クラブ、その後  ZOO  ヨコハマメリー  チルドレン  長い散歩  それでもボクはやってない  市川箟物語  硫黄島からの手紙  紀子の食卓  キサラギ  鉄コン筋クリート  ピクニックの準備

   次点候補

寝ずの番  夜のピクニック  幸福のスイッチ  やわらかい生活  ストロベリーショートケイクス  幸福な食卓  深津絵里のブラコメ  鍵がない  机のなかみ  天然コケッコー  となり町戦争

   トホホ候補

エリ・エリ・レマ・サバクタニ  ゲルマニウムの夜  手紙  ハザード  佐賀のがばいばあちゃん  フラガール  ウルトラマンコスモスvsジャスティス  素敵な夜、ボクにください  人間椅子  46億年の恋  真夜中の弥次さん喜多さん  となりの801ちゃん  ヅラ刑事  スキージャンプ・ペア ~Road to TORINO 2006~

 以上はあくまでベストの候補なので、この周りにさらに沢山の作品があります。

KY から AKY へ。 

 空気なんか読めるかよ。俺は風に逆らって生きる!…とまでは行かないが、一時流行った”KY”には違和感がぬぐえなかった。人間の社会っていうのは、少数意見にも耳を傾けたり、反対する意見を尊重するようにしていないと、やがて大きくつまづく芽を持っているからだ。いってみれば、KYの人こそ大切に思わないとダメなのだ。まあ、のべつ幕無しは勘弁してもらいたいが。
 思えば厭な言葉は以前にもあった。「逆切れ」。その殆んどが正しい使い方をされず、反論したら『あ、逆切れ』などと言われた。違う、これは正当な反論だ、と言っても、相手は間違った使い方で認識しているから話がかみ合わない。で怒っていたら、なんと後に、のきおもまったく同じ目にあっていたことが判明。友よお前もか、と思ったものだが、ちょっと空恐ろしくもなった。いや、あの言葉は今は殆んど聞かないが、きっと全国で多くの人が、理不尽に逆切れと言われたからに違いないと思っている。共感されない言葉は生き残らないからね。
 さて冒頭のKY、最近反語のようにAKY(あえて空気読まない)という言葉が使われている。私が思うに、これはきっと、人間の持っている危険予知能力が言わせたに違いない。空気ばかり読んでたら、いらん所に連れて行かれかねないからね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。