FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダデミオはいいぞ。 

と、いう話を、去年のうちに書いておこうと思って、忘れていたのである。
初代も好きだったが、まあ置いといて…。
いつの間にか、世界カーオブザイヤーなんかも取ってしまったので、今更なのだが…書こうと思ってたのに悔しいので書いておく。

で、MAZDA2こと、新型デミオのアドバンテージは、その軽さ。
常日頃、「軽さは正義だ!最高のチューニングだ!」が口癖なので、とても嬉しかったのである。
さらに、不必要に背の高い車にしなかったのも良し。箱バンタイプは、空力の面でも、ハンドリングの面でもいい事ナイのだ。室内は広いけど。

お勧めグレードは15C。1.5エンジンにCVTの組み合わせ。気持ちよさそう。
お勧めできないのはSPORT。一番いただけないのがタイヤで、なんと195/45R16。
明らかにオーバースペックで、これじゃあ燃費は落ちるし、快適さ・軽快感はスポイルされているはず。
で、なんとカタログには『クリアランスが足りないので、チェーンはつけられません』とある!

それはどうよ!?

ぜひオプションでつけられる185/55R15にインチダウンすることをお勧めする。

スポンサーサイト

やはりCVT? 

 昔トヨタの整備員と、燃費のよい車はどうしたらできるか、という話で盛り上がったことがある。
当時すでにアルミエンジンやら、高効率可変バルブDOHCやら一通りのエンジン技術があった。
その上で考えた二人の結論は、『駆動系の効率化』だった。←ありがち。

エンジンの力はできるだけメカニカルロスを避けるために、駆動輪に近付ける。FR方式はとらない、ということだ。まあ、そうはいってもFF以外は現実的でないわな。
さらにミッションはCVTを使う。MTは使用者のスキルによって差がつき過ぎる。
と、ゆーのがあらまし。

さて、ガソリン1ℓが180円時代、より燃費のいい車が求められております。
思った通り、ミッションはCVTが主流となりました。
ここでCVTの優位性を考えてみましょう。

ホンダ・エアウェイブと、商用車パートナーは姉妹車だが、大きな違いはギアが5速AT(パートナー)か、CVT(エアウェイブ)かである。車重はほぼ同じ。
で、エアウェイブは、タイヤが一回り大きく、185R14。パートナーは165R13だ。
であるにもかかわらず、10・15モードで

エアウェイブ   ℓ/18㎞
パートナー    ℓ/16.4㎞

…まあ、ギア比の関係もあるので一概には言えないが、やはりミッションの差は大きそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。