FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国生さゆりが好きになってしまった。 

…何も言いません。
タイトル通りです。

だいたい、彼女が『せーえーら・ふっくぅをっ』…などとやっていたときは、ちっとも気にしていなかったのである。

それがここに来て。

今まで漠然と偶像(アイドル)だった彼女だが、このところプロフィールに肉付けが成され、
俄然親しみやすくなったという所が最大の理由だと思う。

考えてみれば同年代、同じカルチャーで育った世代。
それもよりによって、
   押井守が好きで
   宮崎駿が好きで
   一条ゆかりが好きで
まあ要するにストライクだったわけだ。嗜好が。
さらに、やせすぎず、太りすぎず、絶妙な体型。
お一人様を代表するようなゴージャス・ゆる巻きヘア。
"同窓会にあらわれそう"と勘違いしそうな親しみやすさと同居する、近寄りがたいオーラ。
しっかりした大人だし、飲んだら楽しそうだし。

あかん。
もう、書いてるだけで o(^▽^o)(o^▽^)o どきどきや!

スポンサーサイト

宇宙の真実。 

さっき、すごいことに気がついてしまった。

『ルネッサーンス!』

って

『いらっしゃーい!』

と同じだ!

今一番注目。 

民放ドラマがいまいちなんだよなあ。
昨年は「流星の絆」で決まってたんだが…。
今年は「銭ゲバ」くらいで、他の民放ドラマよりはNHKの「浪花の華」とかの方が面白かったりする。
そんな中、意外なところから注目したいドラマが現れた。

おちゃべり

こいつだ。
喫茶店の中だけで話のすべてが進む、シチュエーションコメディー。
はっきり言って、単一セットの超安上がりドラマ。
しかしこれが病みつきになりそうな面白さ。
毎回テーマに沿って話が進む、「やっぱり猫が好き」といった風情で、録画する価値があると思います!

広末おめでとう。 

別に本人がアカデミー取ったわけじゃないんだけどね。
それでも嬉しいじゃあないですか。
「秘密」で見直して幾年、波が来てるよ~!

波乗れー!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。