スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベル低し。 

ひとまずおめでとう!日本代表。

…しかし、監督に対する評価が180度変わったねえ。

なぜこんなことがおきるのか考えると、やはり見ているこちらのレベルが低いことに問題があるんじゃないかな。

岡田監督が当初目指していたショートパスをつなぐスタイルは、たぶんオランダサッカーのミニチュア版と思うのだが、選手のスキルが追いつかず、計画倒れとなった。

そこでセオリーどおり、守備から立て直すことで今回の快進撃が始まったわけだ。
消極的だとか、『つまらない』とか言われたものの、トーナメントを前提にすれば、これでいいと思う。

日本のようなサッカー2流国でも、規律的な守備があれば、ベスト8までは勝ち残れるかな、という手がかりになった。

ただし、喜べるのはココまで。
裏を返せば、規律的な守備だけでは、ベスト4までになれないことを現してもいるのだから。
だから、今のように浮かれた人たちを見ているととてもお気楽に見えてしまう。

オランダ×ブラジルの試合を見ていると、やはり最後は個人の技術こそが、局面を打開することを認識させられる。

したがって、4年後に日本代表が4強になりたいのなら、今すぐ、個人のスキルアップを図るしかない。
また、海外の経験者ももう少しいてほしい。
そして、個人が高度な技を見につけた上で、組織をまとめていく作業をするべきだろう。
4年後に向けて、時間はあまりない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。