スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トータス松本・「マイウェイ ハイウェイ」を聴く。 

ウルフルズ解散後のオリジナル第一弾アルバム、「FIRST」が出色の出来だったトータス。
そんな彼の第二段アルバムは、前回以上にこれがいい出来なのよ!
アメリカで制作が行われた為なのか、前回以上にソウル・R&B・ロック色が強くなっています。

前にも書いたけど、ウルフルズの縛りのなくなったトータスは、以前にも増して深い音作りを見せています。
特に、3曲目 マイウェイ ハイウェイから、4曲目 クリア!に至る所は爽快きわまる!
そんでもって歌詞も非常に切れがいいです。

”星空 ギブソン
 答えなんかない
 僕がここにいるだけ”

(No Way)

いや、ロックだよ。
スローバラードなのに!

初回限定版にはDVDのPVつき。
ストレイトのPVは是非一度ご覧下さい。
トータスは歩いているだけでさまになる。カッコイイなあ。

レンタルじゃダメだ。やっぱり買おう。
(…ってまだ買ってないのかよ!)

スポンサーサイト

違うんだ、かっしー。 

11月3日、Perfume東京ドームライブ。
大成功だった。
僕らみんなそう思った。
多分スタッフも、メンバーも。
一人を除いて。

11月11日・FM番組SCHOOL OF LOCK
かしゆかは号泣する。
『私は満足のいく出来ではなかった。ごめんなさい』…と。


かしゆかは、ドームの前に富士登山を行った。
さらに、伊勢神宮にも行っている。
誰かが言った。
『願掛けじゃないか』…と。

ゆかちゃんは、インタビューとか読んでると、コンプレックスの塊みたいな娘で。
『私でいいの?』って考える娘で。
他の二人を尊敬してて、愛していて、自分は月みたいな存在だって考えてそうで。
だからいつも『足を引っ張らないように』一生懸命練習する。
自分にできることを考えて、無茶な願掛けをするような娘だ。

違うんだ、かっしー。
君が必要なんだ。
誰が欠けても成り立たないんだ。
僕らは一番努力している君を知っているから!

以前、泣くのはあ~ちゃんが定番だった。
でもあ~ちゃんはもう泣かない。
「Dream Fighter」、代々木、直角二等辺三角形TOURに至る過程で、Perfumeに求められるもの、自分のあるべき姿を確立し、弱さを乗り越えて、涙を流さなくなった。
(ドームでは結局泣いたが、昔とは違っていた気がする)

だからといって、今かしゆかに「乗り越えろ」なんて言えません。
「ゆっくり、消化してください」
…言えるとしたらこれくらい。
みんなで支えていきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。