スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ替えました。 

ブリヂストンPlayzが磨耗したので、新しいタイヤに交換することにした。
自分が最も重視するのは、ウェット性能だ。
あとは満遍なく高性能であればよい。

したがって燃費以外の性能が落ちる、今流行の燃費重視タイヤはNGである。

自分の車に合うサイズで、できるだけ性能がいいのを考えると、やはり Playz クラスかな?
長距離走る自分の使い方にも合ってたし。

と、思ってたんですが、知り合いの店が『安くするよ!』って言ったもんで、今回はダンロップの LE MANS4 です。
速度記号はH。

鰤の性能に不満はなかったので、実際どうよ?
と考えながら履いてみて、個性の違いにびっくり。
Playzは、本当に"俊敏"なタイヤで、行きたい方向にキュン、キュン、と曲がってくれる感じ。
多分サイドウォール付近からの剛性がしっかりしてる感じで、タイヤの構造そのものが秀逸。
LE MANS は、食いつきはいいのですが、ふにゃふにゃです。
その代わり、恐ろしく静か。
タイヤそのものが発する音は、ほとんど消されています。
乗り心地も一枚上手。

高速道の乗り心地や、雨天はハッキリとした違いは分からない。
まあ、あとは寿命だね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。